KODO

Facebook

御朱印帖

御朱印帖

【kami-mon ori-ori】お客様の使用例をご紹介します

17.11.17

ステキなお客様からのご投稿を、最近頂きました。そこで、今回ご紹介をさせて頂きます。

弊社スタッフ一同心から、ここに御礼申し上げます。 また今後ご購入頂きましたお客様のお声を、歓迎しております。仕上げられた作品で投稿されたい方は、メッセージとお写真(データ)と共に弊社へお送りくださいませ。心からお待ちしております。

※ご連絡先  kodo@palette.plala.or.jp

※「kami-mon ori-ori /御朱印帖 に関する投稿」 と件名に御書込み下さいませ。

 

今回の御投稿者は・・・・

愛知在住の主婦の方が、弊社オリジナルブランド商品 【kami-mon ori-ori】をご購入され、素敵な作品に仕上げられました。とてもお洒落な作品で、またメッセージも大変素敵でした。弊社としては非常に嬉しく光栄に感じており、是非皆様と共有させて頂きたく思っております。更にお客様との温かい交流・心の輪が、まるで水面に落ちた1滴により大きな波紋の輪となるように、更に大きなものとなるように・・・、そして和紙の和が、穏やかな暖かな心の和(輪)の広がりへとなるように願わずにはおれません。世の中の平和へと繋がるように、【かみもん】は京都より、心から祈り、発信し続けてこれからも参ります。

是非、応援の程宜しく御願い申し上げます!

以下、お客様が 【kami-mon ori-ori】について書いて下さいました内容です。

(抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・ファミリーヒストリーとクリムトの模写というのはもしかして御社のHPに掲載されているものでしょうか?とても素敵ですね!私もクリムト好きなので、素敵だなぁと思って拝見していました。模写されている接吻は特に好きな絵です。

 

私はというと、訪れた建築のスケッチと覚え書きのまとめに使っています。

常々行ってみたいなと思っていた建築を訪れる機会が幾つかあって、写真をたくさん撮るのですが、後から思い返すと写真に夢中になって肝心の建築を見てたっけ?

と思ったことがきっかけでした。建築のディテールをちゃんと見ないと、わざわざ訪れたのに、もったいないな、と。今は撮った写真の模写ですが…。

まだ絵の練習というか、思い描くようには全然描けないのですが一冊終わる頃にはもっと上達してるといいなぁ、と。

ノートが蛇腹だと絵の進歩の過程もきっと俯瞰で見えるんでしょうね。

私のori-oriの写真を添付させて頂きます。

御社【かみもん】の楽天拝見しました。

愛知在住ですが、中部国際空港セントレアまではなかなか行けないので、楽天で買えるようになったのは有り難いです。

見てもらう機会など本来ない個人的な記録ですが、誰かに見てもらえるとしたら私としても嬉しいです。(このように許可を頂いております。)

 

建築は専門でもなんでもなく、インテリアや建物が好きなただの主婦です。

以前、自宅をリノベーションした時にアイデアスケッチを自分で描いて楽しかったので、勉強も兼ねてまた描きたいなと思った次第です。

 

横に制限無く描けて、屏風みたいに折り目の凸凹を遠近表現に活かした描き方ができたらきっと面白いなぁ、と思って蛇腹ノートを探していて【kami-mon ori-ori】 に辿り着きました。
実際に使ってみたら、ペンの滑りもいいし、消しゴムかけても毛羽立たないし、2枚重なっているのでマーカーの裏写りもないし、紙もクリーム色なので書き出しに緊張しないで(真っ白は緊張します)、とても満足しています!

他のノートも候補にあったのですが 【kami-mon ori-ori】 にして正解でした。

 

御社HPとFBのお知らせにある【kami-mon ori-ori】の1作品 クリムトの絵は友禅紙だったのですね。素敵なセンスです!

※説明) クリムトの絵を模写しその上に金色の入った友禅紙を切り絵の様に貼りつけた作品です。

竹笹堂様の御朱印帖

17.04.14


手摺りの木版画で有名な京都の竹笹堂様より御朱印帖仕立のご注文を頂きました。

京都・四条烏丸からほど近い場所に工房と店舗をお持ちです。

ぜひ素晴らしい竹笹堂様の木版摺り作品をご覧下さいませ

竹笹堂様のオンラインショップはこちら
http://takezasado.com/

株式会社コードでは、小ロットから量産品の注文まで承っております。
お見積りのみでも可能ですので、ぜひお問い合わせください。

「御朱印帖」「和本」ページが出来ました

17.02.28

御朱印帖や折本などのご注文が増えてきたことを受けて、
新たに「和本」ページと「御朱印帖」ページを追加致しました。

こちらでは、「お知らせ」ページとは異なる
御朱印帖や和本に関連する情報を更新していく予定です。

どうぞよろしくお願いします。