KODO

Facebook

お知らせ

お知らせ

御朱印帳・画帖・折手本の違い

16.12.24

 本類サイズ比京都伏見朱印帳集印帳ノート色紙製造元

おはようございます
2016年最後の更新です。
12月28日から1月4日まではお正月休みとなります。
お問い合わせなどの際はご注意ください。

本日は、
・御朱印帳
・画帖
・折手本
の違いについてご紹介いたします。

まず、「御朱印帳」です。

御朱印の起源は諸説ありますが、納経の証としていただいたものが
形を変えて残っているとする説が有力です。
また、お遍路と呼ばれる四国八十八ヶ所霊場巡拝などに
代表される巡礼とも深い関わりがあると考えられます。

そして、御朱印帳は表と裏両方に御朱印が頂けるように
二つ折にした紙を交互に貼り合わせて作ります。
つくり方については、また後日ご紹介したいと思います。
基本的には奉書紙を用いて製作します。
 朱印帳単品京都伏見朱印帳集印帳ノート色紙製造元

「画帖」のつくり方は朱印帳と同様で、
こちらも表と裏の両方を使用することが可能となっています。
異なるのは大きさと使い方です。

御朱印帳はその名の通り「御朱印」を頂くためのものです。
11cm×16cmのものや12cm×18cmのものなど、
文庫本より少し大きいくらいのサイズが主流となっています。
それに対して「画帖」は、絵などを貼り込んだり、描きつけたりするためのものです。
用途としては、アルバムやスケッチブックに近いでしょうか。
サイズは様々ですが、6寸(約18cm)×7寸(約21cm)のものなど
大きめのものが多い傾向にあります。
本文には奉書紙や鳥の子などを用いることが多いです。
 画帖京都伏見朱印帳集印帳ノート色紙製造元

「折手本」とは、
蛇腹に折った紙をつなげて作る本のことです。
御朱印帳や画帖と異なり、表にのみ書き込みます。
経本などでイメージされる和本は、このタイプのものになります。
式辞用紙として使用されることもあるようです。
サイズは3寸(約9cm)×9寸5分(約29cm)などの縦長のものが主流です。
本文に使用する紙は、奉書紙、鳥の子、画仙紙や新中杉など
用途によって様々です。
折手本一冊京都伏見朱印帳集印帳ノート色紙製造元

書道業界においての区別はおおまかに以上のようになっています。
それぞれ当社の定番サイズがございますが、別寸での製造も可能です。
ご検討ください!
朱印帳並び京都伏見朱印帳集印帳ノート色紙製造元

当社Facebookページはこちら→株式会社コード